クレアチニンが高いと気になる方へ〜下げる方法徹底解説〜

クレアチニンが高い!下げる方法は?

人間ドックを受けると様々な数値を目にすることになりますが、この際、クレアチニンの値にも注目すべきです。

 

クレアチニンは腎臓の働きと密接に関わる物質であり、この数値が高い方は腎臓が良くない状態となっている可能性が高いのです。

 

当サイトは、そんなクレアチニンとは何か、から高くなる原因や下げる方法など1つ1つわかりやすく解説していきます。下の目次をクリックすると知りたい情報だけをピンポイントで読むこともできます。どうぞ参考にしてください。

 

 

クレアチニンとは

 

腎臓は、人間の体にとって重要な働きのある臓器ですから、何らかの原因によって機能が衰えてしまうと様々な病気につながります。そのため、腎臓が正常に働いているかどうかを定期的に調べることが大切です。そこで、注目すべきなのがクレアチニンの数値です。

 

筋肉を動かすエネルギー源として筋肉中に存在するのがクレアチンという物質ですが、筋肉を動かすことによってこのクレアチンは役目を果たし、分解されてしまいます。その結果、老廃物として生じるのがクレアチニンです。

 

通常、クレアチニンは腎臓によってろ過され、尿として排出されることになりますが、腎機能が衰えた状態では体外に排出されず、血液に戻されてしまいます。これが血液中のクレアチニン数値が高くなる原因です。

 

クレアチニンの数値が意味すること

 

このように、腎臓の働きが弱まった状態ではクレアチニンが高くなりがちです。よって、クレアチニン値を測ることで、腎機能が正常かどうかを調べることができるのです。

 

一般的に、血中におけるクレアチニンは男性で0.6〜1.1、女性は0.4〜0.8が基準値です。この数値を超えている方は注意が必要といえるでしょう。

 

特に男性で1.6以上、女性で1.2以上となると、腎臓に異常が生じている可能性が高いといえるので、要注意です。

 

腎機能が低下してしまうと老廃物を体外に排出することが難しくなるため、健康状態の悪化を招く可能性も高くなります。また、腎臓に関する様々な病気にかかりやすくもなります。したがって、クレアチニンの値を調べることで、腎臓に異常がないかを調べることが重要です。

 

クレアチニンが高い原因は?

 

クレアチニンが高くなる原因は様々で、生活習慣が原因となっている場合から病気によるものまであります。いずれにせよ、血中のクレアチニンが高いということは腎臓が正常な働きを果たせていないということですから、注意が必要です。

 

では、クレアチニンが高くなる原因としては、どのようなことが考えられるのでしょうか。クレアチニンの数値が高い場合、以下のことが考えられます。

 

腎機能の低下

 

クレアチニンが高くなる原因として多いのが、腎機能が衰えている場合です。アミノ酸が分解されることで生じるクレアチニンは血液を通じて腎臓によってろ過され、尿として体外に排出されます。しかし、腎臓の働きが弱まっているとこの機能は十分に果たされず、クレアチニンが再び血液に流れてしまいます。

 

腎臓病

 

腎臓に関する病気を患っている場合も、腎機能は弱まります。よって、クレアチニンが高い方は腎炎や腎不全などを発症している可能性があります。なかでも、腎不全は放置することで腎臓がんを発症するケースもあるので要注意です。

 

水分不足

 

水分不足は腎臓の機能を低下させる原因です。脱水症状が続いた状態だと、腎臓の糸球体が傷ついてしまうことがあります。よって、水分補給をこまめに行うことが大切です。

 

また、水分が不足した状態では、腎機能に問題がなくともクレアチニンの値は高くなりがちです。これは測定する方法に原因があります。クレアチニンの測定は血液に含まれる割合を数値化して行われますから、水分不足の状態では血液における水分の割合も低くなり、クレアチニンの濃度は高くなるのです。

 

検査前の行動が原因となることも

 

クレアチニンは、筋肉を動かす際に使われるアミノ酸が分解されることによってできる物質です。そのため、運動を行うことによって血中のクレアチニンは増加することになります。したがって、検査前に激しい運動をするとクレアチニンの数値も高くなるので注意しましょう。

 

クレアチニンが高いと出る症状は?

 

クレアチニンが高いと腎臓に何らかの問題がある可能性が疑われます。腎機能が弱まると、様々な症状が表れることがあるので注意しましょう。

 

この症状はそれほど重いものではありませんが、自覚症状が表れること自体が腎臓の状態の悪化を示しているので注意が必要です。クレアチニンが高くなると、以下のような症状が表れることがあります。

 

尿量の減少

 

腎臓は老廃物を尿として排出する働きのある臓器です。よって、腎臓が弱ってしまうと尿量を適切に調節する働きが失われ、尿が出にくい状態となることがしばしばあります。

 

尿の排出は人間にとって重要な働きです。この機能が果たされないと様々な症状を引き起こすことになるので注意しましょう。

 

むくみ

 

腎臓の働きが弱まると、老廃物や余分な水分などを尿として排出できない状態となりがちです。すると、これらの物質や水分が体内に溜まることになり、むくみが生じる原因となります。

 

疲労感や息切れ

 

尿の排出ができなくなると尿毒症を引き起こす恐れもあります。これは老廃物や毒素が体内に蓄積された状態のことで、多くの症状が表れるため注意が必要です。

 

なかでも疲労感や息切れは尿毒症に多く見られる症状であり、こうした兆候が見られる場合は腎機能の低下によって尿毒症となっている可能性が高いといえるでしょう。

 

食欲低下

 

食欲の低下も尿毒症で見られる症状のひとつです。また、吐き気が生じるケースもあります。

 

症状が表れるのは腎機能が低下している証拠

 

通常、血液中のクレアチニンが高くなっても自覚症状はありません。明確な症状が表れるのは腎機能が低下している場合です。

 

よって、こうした症状が表れている場合は既に深刻な状態になっているといえ、早急に医療機関を受診すべきです。

 

クレアチニンが高いと疑われる病気

 

クレアチニンの数値が高い方は、腎臓に関する病気を患っている可能性も考えられます。このなかには、命を落とす危険性のある重篤なものも含まれるうえに、腎臓病は自覚症状が少ないので注意が必要です。

 

では、クレアチニンが高い状態に考えられる病気として、どのようなものがあるのでしょうか。クレアチニン値が高い方は、以下の病気を引き起こしている可能性があります。

 

急性腎炎、慢性腎炎

 

クレアチニンが高い場合には、腎炎にかかっていることが考えられます。腎炎は、腎臓にある糸球体や尿細管といった部分に炎症が生じる病気です。

 

腎炎には急性腎炎と慢性腎炎の2種類があります。急性腎炎は症状が急速に悪化するものの、適切な治療を受けることで回復する可能性も高いのが特徴です。

 

一方、慢性腎炎は症状が徐々に悪くなるために自覚症状が少なく、気が付いたときにはかなり悪化した状態となっていることも多いので注意が必要です。

 

腎臓結石

 

クレアチニンの高い方は、腎臓結石が生じている可能性もあります。腎臓結石とは、腎臓に結石ができる病気です。

 

腎臓結石は明確な症状がないことが多く、見つかりにくい傾向があります。しかし、この結石が腎臓から尿管へと排出されることで、激しい痛みが生じる尿路結石となります。

 

腎不全

 

腎不全にかかっている場合にも、クレアチニン値の上昇が見られます。腎不全は腎臓の働きが低下した状態です。

 

老廃物を尿として体外に排出することができなくなるため、血液中に老廃物が多くなります。これがクレアチニンが上昇する理由です。

 

腎不全にも急性腎不全と慢性腎不全の2種類があります。急性腎不全は治療によって回復する可能性がありますが、慢性腎不全はゆっくりと進行していくので、腎機能が回復することはほぼありません。

 

腎臓がん

 

腎不全が悪化すると、最悪の場合には腎臓がんを発症することもあります。腎臓がんは早期に発見することで治癒する可能性の高い病気ですが、他の臓器に転移することも多いので要注意です。

 

クレアチニンを下げるには?

 

人間ドック等でクレアチニンの数値が高いと指摘される方は多いようです。これは、腎臓に何らかの異常があることを示しているので、早急に対策が必要です。

 

そこで、クレアチニンを下げる方法を紹介していきます。クレアチニンの数値を下げる方法として、以下のものがあります。

 

生活習慣の見直し

 

塩気の多い味付けを好む方は多くいます。しかし、塩分の高い食生活を送っていると腎臓に負担がかかりがちです。クレアチニンが高めな方は塩分を控えるようにしましょう。

 

加えて、高たんぱく質の食事も控えるべきです。たんぱく質を多く摂取することも腎臓に多くの負荷をかけることになります。

 

ただし、栄養不足になってしまっては意味がありません。腎臓が役割をしっかりと果たせるように、糖分や脂質といった栄養素を十分に摂るような食生活を送るようにしましょう。

 

また、喫煙や飲酒も腎臓にダメージを与えるので、クレアチニンの数値が高い方は禁煙・禁酒を行う必要があります。

 

参考:クレアチニンを下げる食生活

 

適度な運動

 

クレアチニンを下げる方法として、有酸素運動も効果的です。肥満や高血圧などの状態は腎臓にも良くないので、適度な運動を行い、健康状態を維持することも腎臓をいたわることにつながります。

 

ただし、無酸素運動は逆効果です。クレアチニンは筋肉を使うことで生じる物質であるため、こうした運動をすると血中のクレアチニン量が増えてしまいます。加えて、水分不足も腎機能を低下させるので、運動によって失われる水分をこまめに補給するように心がけましょう。

 

クレアチニンを下げる食生活

 

クレアチニンを下げる方法としては、食事療法が一般的です。食事は生きていくうえで欠かせない行為ですから、知らぬ間に腎機能の悪化が進行していたというケースも珍しくありません。

 

そこで、クレアチニンを下げる食生活とはどのようなものなのか、見ていくこととします。クレアチニン値を下げることのできるのは、次のような食生活になります。

 

低たんぱく質の食事を心がける

 

肉や魚、豆類、いも類といった食品には、たんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は人間にとって重要な働きのある成分ですが、腎機能に問題のある方にとっては危険な存在です。 

 

たんぱく質はアミノ酸で作られています。そのため、多量のたんぱく質を摂取すると腎臓によるろ過が間に合わなくなり、クレアチニン値が高くなります。したがって、クレアチニンの数値が高いという方はたんぱく質の摂取を控えましょう。

 

塩分を控える

 

食事によって摂取した塩分は腎臓の働きによって体から排出されます。よって、過剰な塩分を取ることは腎臓に多くの負担をかけることになるので控えるべきです。

 

高血圧も腎臓に負荷をかける原因です。腎臓の糸球体によるろ過機能は血圧によって調節されますが、血圧の高い状態が続くと糸球体にある細い血管が動脈硬化を起こしてしまい、ろ過機能の低下を招いてしまいます。塩分の過剰摂取は高血圧をもたらしますから、この面からも塩分を控えることが大切です。

 

糖質、脂質を摂取する

 

以上のように、たんぱく質と塩分の摂取を控えることがクレアチニンを下げるためには重要となります。しかしながら、食事制限を気にするあまり、栄養不足になってしまうのも問題です。そこで、たんぱく質を含まないながらもエネルギーとなる糖質や脂質を十分に摂取する必要があります。

 

ただ、過剰な摂取によって肥満や糖尿病になる恐れもあるので注意しましょう。これらの病気は腎臓にとっても有害なので、食べ過ぎないように気を付けることが大切です。

 

 

クレアチニンを下げるサプリメント

 

血中のクレアチニンを抑えるためには、腎臓の働きを良くすることが大切です。そのため、腎機能をサポートする成分を含んだサプリメントを摂取することによっても、クレアチニンの数値を下げることはできます。また、成分によってはクレアチニンの発生を抑える働きのあるものもあります。

 

では、クレアチニン値を下げるのに有効な成分としてはどのようなものがあるのでしょうか。クレアチニンを抑えるのに効果的な成分としては、次のものがあります。

 

ノコギリヤシ

 

クレアチニン値が高めな方に有効な成分として紹介されることが多いのが、ノコギリヤシです。それもそのはずで、ノコギリヤシにはクレアチニンを下げる働きがあります。

 

また、前立腺の肥大を予防する効果もノコギリヤシにはあります。前立腺肥大は5αリダクターゼと呼ばれる酵素が原因となって生じますが、この酵素を抑制する働きがあるのがノコギリヤシです。

 

前立腺が肥大化してしまうと腎臓によるろ過機能に悪影響を与え、腎機能の低下をもたらしますから、この予防・改善はクレアチニンを下げるためには重要です。

 

▼人気の腎臓サプリ▼

 

DHA&EPA

 

健康維持に役立つ様々な効能があることで知られるDHAとEPAですが、クレアチニン値の改善にも効果的です。

 

実際、腎臓病の患者にDHA、EPAを摂取させると、クレアチニンの数値が下がったという報告もあります。この理由として考えられることはいくつかあります。

 

まず、動脈硬化は腎臓にある糸球体のろ過機能の低下を招く要因です。DHA・EPAは血流を良くする効果があるので、糸球体の血管が硬化するのを防ぎ、腎機能の低下を防いでくれます。

 

さらに、DHAとEPAには中性脂肪を抑える効果があることも重要です。肥満は腎臓の働きを弱める原因となるため、中性脂肪をつきにくくすることもクレアチニンの抑制につながります。

 

▼15日間返金保証付▼

 

シトルリン

 

シトルリンにもクレアチニンを改善する効果があります。シトルリンには利尿作用があり、老廃物や毒素の排出を促してくれます。また、オルニチンサイクルを構成する成分でもあるため、腎臓に負担をかけるアンモニアの分解にも効果的です。その結果、腎臓の負荷は軽くなり、腎機能の回復につながります。